デビットカードは学生さんにも使いやすい

クレジット払いや電子マネーなどを使ったキャッシュレス化が進んでいる流れで、デビットカードを活用する人も多くいます。
クレジットカードと似ているデビットカードですが、その違いや特徴を考慮すると学生さんの初めてのカードとしても適したものと言えるでしょう。

デビットカードの性質は、クレジットカードと比較すると分かりやすいです。
両者の最も大きな違いは、クレジットは後払いであるのに対し、デビットは即時払いである点です。
クレジットでの支払いは後日口座からまとめて引き落とされるので、分割やリボ払いなどが利用できます。
デビットでは支払いの際に即時引き落とされるので、支払回数は1回のみ、口座の預金残高の範囲だけを使うことになります。
クレジットではカード会社の基準により限度額が設定される場合がありますが、デビットでは預金残高の限り支払いが可能ということで限度額の概念はありません。
カードひとつで支払いが完了するという点でクレジットカード同様の利便性がありますが、お金の動きは現金のようになるので、口座にある以上の金額を使ってしまうという危険性がないのです。
カード会社にもよりますが、カード払いで使った金額に応じてポイントを貯められる場合が多く、現金払いよりお得な還元も期待できます。

また、クレジットは高校生を除く18歳以上でなければならず、入会には収入などの審査が必要です。
これに対しデビットでは年齢は16歳以上、入会審査はないので手に入れやすいという利点があります。
学生さんが持つカード、特に初めてのカードとしてデビットカードは使いやすいことでしょう。

使い方はクレジットと同じでカード一枚で済み、レジでの会計もスムーズです。
またネット通販では、手数料のかかる代引きや銀行振り込みなどの手間を省くことができます。
支払いの都度口座から引き落とされるので、ATMでおろしてからの現金払いやチャージしてからの電子マネー払いよりも便利です。
預金残高の限りで利用可能なので、使い込みすぎるリスクがなく支出の管理もしやすくなります。
入会審査がないため手に入りやすく、ネット通販や実店舗など幅広く活用でき便利です。