デビットカードの作り方を紹介します

便利な商品としてデビットカードがあります。
これはクレジットカードのように見えますが、実はクレジット機能は一切なく自分の口座を利用してショッピングができるのがメリットです。
上記の理由によりカード会社への借金が一切なく現金を持ってなくても買い物が可能となっています。

デビットカードを作るには必ずカードを発行している銀行に行き、口座を開設する必要があるので注意です。
すでに口座を持っているのなら利用できます。
ちなみにカード申し込みと一緒に口座開設も可能です。
作り方ですが、最初に身分証明書としてパスポートや免許証を用意しましょう。
また印鑑も必要ですが、銀行によっては必要ないところもあります。必要なものはこれだけとなっているのでわかりやすいです。

具体的な作り方の手順ですが申し込みをするカードを決めます。
多くの銀行がデビットカードを発行しているのですが基本的に内容が違うので注意しておきましょう。
例えば年会費が無料になっているところや特典がたくさんついているものもあります。各銀行を比較して自分にピッタリ合うものを利用するのが基本です。

どの銀行のカードを作るのか決まったらウェブを利用して口座開設の申込みをします。
未成年の場合は顔写真付きの身分証明書が必要なのでウェブからの申込みができない場合もある、こういうときは郵送で手続きをするのが基本です。
申込みをしてから1週間位でカードと口座開設の案内が届くので確認しましょう。

場合によっては身分証明のために来店をしないといけない場合もあります。
ネット銀行なら問題なくウェブ手続きが可能ですが街にある銀行は来店をしないといけないので注意です。
肝心の身分証明書ですが健康保険証だけだと受付が不可能なので必ず同じ住所の公共料金を用意します。
電気やガスの領収書を用意して、原本と一緒に提出をするのが基本です。
親名義でもOKで住所と苗字が同じなら手続きの対応してくれます。