海外でも便利に使えるデビットカード

デビットカードは日本でも人気が高いカードのひとつです。
一般的なクレジットカードに比べて審査のハードルが低く、銀行口座残高の範囲内で利用するので安心です。
海外でも使えるので、留学のときにデビットカードを子供に持たせる親も増えています。

このカードはクレジットカードのようにショッピングの支払いで使えます。
クレジットカードとの違いは即時引き落としであることです。
クレジットカードだと使いすぎる心配がありますが、デビットカードであれば使いすぎる心配がなく現金を持ち歩かなくてもショッピングを楽しめます。

海外で使えるATMを探すのは手間がかかります。
デビットカードがあればATMへ行くこともなく便利に使うことができます。
留学する学生だけでなく、出張で海外へ出かけるビジネスマンにも利用者が多いです。
クレジットカードだと決済日に口座からまとめて引き落とされますが、デビットカードは即時決済で買い物するたびに通帳に記入されます。

デビットカードには海外で使えるカードと使えないカードがあります。
VISAやJCBブランドのカードであれば海外でも使うことができます。
VISAデビットを発行している金融機関は14行あります。
それぞれの金融機関では様々なサービスを提供しています。

VISAやJCBブランドのデビットカードには様々なメリットがあります。
国内外のVISAやJCBマークの店舗で利用でき、海外のATMで現地の通貨で引き出せます。
クレジットカードは年齢制限が厳しいですが、高校生でも持つことが可能です。
利用した金額に応じてキャッシュバックやポイントがあり、金融機関によっては旅行の代金をカード支払いにすることで様々なサービスがつくところもあります。
ショッピングをすると利用通知メールが送られてくるので、不正利用のリスクが低いです。

最近は若いうちから海外で勉強をする子供が増えています。
大人でも海外留学での金銭管理は大変ですが、デビットカードなら金銭管理が楽です。