デビットカードにも審査のような物がある

銀行口座に預けてあるお金をリアルタイムで引き出して支払いに充てることが出来るのがデビットカードです。
つまり基本的にはクレジットカードのようにカード会社が立て替えることなしに請求があれば残高を確認して、支払と同時に引き落としを行う仕組みなので、利用者の信用は特に必要なく、預金残高を上限として利用が出来るわけです。
使い勝手はクレジットカードとそっくりですが、立て替え払いにならないという意味で大きく違っています。

そして何よりも大きく違うのは、信用貸しではないので信用を確認する必要がないという事になります。
そこでクレジットカードのように審査がなく、誰でも利用が出来るのが基本です。
そういう意味ではむしろプリペイドカードに近い仕組みと言えるでしょう。
デビットカードは口座預金の残高を越えて支払いが出来ないので、信用貸しではない為に信用力は必要なく、審査もない。誰でも使える。

こういう事になりますが、実際には少し違います。
それはリアルタイムで紹介していると言っても、実際には支払いの手続きをした段階では支払い金額が決定していない場合があるからです。
例えばガソリンスタンドで給油をしようとした場合には、カードを使って支払いができる事を確認してから、給油をしますので給油が終わるまでは金額が確定していないわけです。
場合によっては残高を支払総額が上回る事もあるわけです。
この為にガソリンスタンドでの燃料給油にはデビットカードを利用できない場合も多くあります。
この様なケースは他にもいろいろあります。
それでは非常に不便ですので、結局ある程度のリスクを見込んで立て替え払いになる可能性を認めているデビットカードもあるのです。
そこではやはりクレジットカードに近い信用力の審査があることになります。

VISAやJCBの国際ブランドを利用したデビットカードは使い勝手がクレジットカードに近いがためにどうしても、リスクも生じてしまいます。
デビットカードは審査なしに誰でも使えるというのは、一般的にはその通りですが、実際には審査に近いものがあり、基準は公表されていませんが、カードが発行されないことも珍しい事ではありません。