このページの先頭へ

音のある空間

小野 友香

最優秀受賞作品

Concept

音には、ひとのこころの感情を豊かにしたり、寄り添ったりといろんな力があると思う。私は芸術大学で建築を学ぶ学生として芸術、とくに音楽的空間の可能性を提案したい。よって、ターゲットは芸術または音楽( クラッシック) 好きなひととする。

デザインの表現として、有効ボードの棒の長さを変化させることで音の波長のような動きを出す。有効ボードには、本やCD・レコードなど入居者のお気に入りのものを美しくディスプレイ・収納ができる。また、無数の照明・照明レールによっ て音が奏でられている様子を表現した。

施工例

Design

それだけではなく、
玄関に入った際の深みのある黄色い壁、トイレの一部分に使用している赤みががった壁など様々な曲調を表現しながらも実用的な根拠のあるデザインを目指した。(玄関に入って目にするいろが黄色いことにより、暖かい気持ちで部屋に迎えられるなど)

部屋と外部空間の連続性をねらった眠るスペース
コンセプトカラー
有効ボードの今までにない魅せ方
イメージ
イメージ
イメージ

Comment

【最終プレゼン審査評】
詳細が知りたいです[舩井]
有孔ボードのデザインと天井のデザインが素晴らしいと思います。工事費的にも◎[中澤]
可能性を感じた作品。有孔ボードが良い。[奥野]
有孔ボードを使用することで生活する人がそれぞれ工夫して活用出来るので自由度が高く、万人受けするデザインだと思います。[八木]
有効ボードの使い方がとても良かった。そしてピンが揺れで落ちないように工夫を追加してくださいね。[植松]
ピンを抜き差しするのが案外手間であることが解消されたらと思う。簡単に抜き差しできる専用の器具を作るとか。資料で、プランの良さがもう少し伝わればと思う。[島田]
Designer's comment
最優秀賞に選んでいただいてすごく嬉しいです。ありがとうございます。
学生の間にこのように施工していただける機会は珍しくて、なかなかないことだと思うので、今後もこのようにStamP!のプロジェクトをみなさんで受け継いで繋いでいってもらえればと思います。ありがとうございました。

Good!!

+1

8

間を置いて投票して下さい

投票済みです

作品を評価する

グラフ

作品一覧に戻る

SDMRP

ステューデント・デザイナーによるマンションリフォームプロジェクト

京都造形芸術大学×株式会社長栄×JUST