このページの先頭へ

Black Square

竹森 貴大

特別賞

Concept

作品を収集、 制作して困ることはその保管場所。
時間やお金も掛かっているし、 何より思い出として残しておきたい。

そんな部屋をディスプレイできる部屋をデザイン。
この部屋に住む人の収集、 制作した作品によって部屋の印象が変わる。

Design

暮らしにヒントを与えるワンルーム
「メモリ」があれば、ポスターが傾かずに貼れる。
「メモリ」があれば、家具をぴったりすっきり配置できる。
几帳面な方におすすめなワンルーム

入り口から見て左壁面
入り口側の棚にはお気に入りの作品をディスプレイし、 窓側の棚には作業に必要なものを置いておくことができる。
右壁面
就寝前の読書本や目覚まし時計を置く事が出来る。さらに棚板の置かれていない棚受け部分にはハンガーを掛けておくことができる。
天井図
観葉植物や洗濯物を掛けておくことができる。
模型写真
模型写真
模型写真

Comment

【最終プレゼン審査評】
収納やディスプレイ実用的[舩井]
スタイリッシュであたたかみのある棚、[中澤]
コストがかかる予感がありますが、デザイン性は大変良いと思います。[奥野]
シンプルでありながらデザイン性も高く、棚受けが連続して並んでいる事で設置位置を工夫すれば奥行きが出て、狭い部屋が広く見える効果も期待出来る思います。施工する部屋によっては下地補強によるコストアップが唯一の懸念です。[八木]
壁面に棚を取り付けるだけのものではなく機能性も改善された仕様になったと思う。可能であればライティングなども一緒に考えられるとなお良い。[植松]
「壁に棚を設置する」という1点に絞り、棚のデザイン、素材、取り付け方法を掘り下げ、位置やサイズは部屋に合わせるという提案で汎用性を持たせると、扱いやすいかも。[島田]
Designer's comment
今回はじめて参加して、このように賞がもらえて嬉しいです。
これからも日々精進していきます。ありがとうございます。

Good!!

+1

15

間を置いて投票して下さい

投票済みです

作品を評価する

グラフ

作品一覧に戻る

SDMRP

ステューデント・デザイナーによるマンションリフォームプロジェクト

京都造形芸術大学×株式会社長栄×JUST