このページの先頭へ

主人の部屋

緒方 貴人

Concept

迎えてくれたのは本棚でした。
 
一人暮らしをしってさみしいんです。
ともだちと楽しく過ごした一日 楽しかったな、また明日 そうやって家に帰ります。
 
家について、ただいま
静まった部屋にぼくの声がひびきます
 
故郷から離れた第二の故郷で ぼくはそっと本を手にとった

Design

迎えてくれたのは本棚でした

斜めの壁を設けることで本が倒れかけるのを防ぐ。また、デットスペースも減らすことができる。各ボックスごとに種類わけをするなどすれば、使い方の幅が広がる。
棚はチョウバンによって90 度動くようになっている。それによって5パターンの空間構成が実現でき、住人のライフスタイルによって部屋の構成を変えることができる。
棚ひとつの厚さは160mm と文庫本一冊分と薄めだが二つの本棚が重なることによって奥行きが増し、大きい本も収納可能になる。移動後はフランス落としで床に固定する。
パイン集成材
キャスター
フランス落とし
チョウバン
クリアラッカー
¥44,285 (材料価格/推定)
模型写真

Comment & Review

Designer's comment
 

Good!!

+1

3

間を置いて投票して下さい

投票済みです

作品を評価する

作品一覧に戻る

SDMRP

ステューデント・デザイナーによるマンションリフォームプロジェクト

京都造形芸術大学×株式会社長栄×JUST