このページの先頭へ

鏡の間

山口 泰生

Concept

大学生には、制服がない。
そのため毎日自分の服を自分なりにコーディネートしなければならない。
自分の身なりを知るためには大きな鏡が必要である。
他からどのように見られているのか、
自分の個性をどのようにだすのかを知るために。

Design

襖の開閉は中真の二枚のみ。
鏡はアクリルミラーを使用。襖絵デザインはカッティングシートを使用する。

模型写真
模型写真
模型写真
模型写真
模型写真
模型写真

Comment & Review

Designer's comment
 

Good!!

+1

20

間を置いて投票して下さい

投票済みです

作品を評価する

作品一覧に戻る

SDMRP

ステューデント・デザイナーによるマンションリフォームプロジェクト

京都造形芸術大学×株式会社長栄×JUST