このページの先頭へ

かみのへや

西尾 萌夏

最優秀受賞作品

Concept

初めての一人暮らし。
想像するだけで胸が踊る。けれども如何せん費用が掛かるのがなぁ。

実家から家具を運び入れるのは大変で、部屋もどこかチグハグな雰囲気。家具付きの部屋に住んでも汚さない様注意を払って生活しなければならないし、どんなに素敵な家具を見つけても、後から買い替える事はなかなか難しい。
それに賃貸だと壁に画鋲もさせないし、ありきたりの部屋では暮らしたくない。だからといって、そんな不満を解決してくれる物件なんて滅多に無いし……。
--そんな、悩める一人暮らし初心者であるアナタに提案します。
「かみのへや」に住んでみませんか?

Design

かみのへや」とはネーミングの通り、室内の家具・壁面を紙で構成した部屋。非常に強度が高く軽量である強化段ボールを使用し、ベッド・テーブルといった大型家具を制作・設置。気にせずに買い替えが出来るだけでは無く、要らなくなった家具は居住者自身で別の形に変化させる事が可能であり、勿論リサイクルにも回せる。

壁面にも同じく強化段ボールを使用。気軽に画鋲やテープでモノを貼付けられるだけでは無く、組み立て式のイスが二脚分はめ込まれている。必要に応じて出し入れが出来る為、部屋を広く使える。汚れが気になったり部屋の雰囲気を変えたりしたい時には家具・壁面共に色を塗ったり紙を貼ったり……。いつまでも美しく、何度でも簡単にカスタマイズが可能である。

テーブル/収納
ボックスを横向きにし正方形に4つ並べればコーヒーテーブル、単体で横や上向きに置けばサイドテーブルや収納となる。
ベッド
棚へと変化する。
ベッド・展開
ベッドを裏返し棚へ
縦横向きを問わず、どちらに置いても使える。
壁面。
組み立て式のイスが二脚分はめ込まれ、必要に応じて出し入れが出来る為に室内を広く使える。また壁面を強化段ボールが覆っている為クロスの張り替えが不要となり、退去時に掛かる費用を抑えられるメリットも。
イス
簡単に組み立てが出来る。

Comment & Review

Designer's comment
一人暮らしをするにあたり、「何が必要とされているか」を考えデザインしました。その為部屋のデザインに留まらず、賃貸物件ならではのシステムを変える提案をしています。
 
初期費用を抑え、尚且つ部屋を自由にカスタマイズ出来るこの部屋は初めて一人暮らしをされる方にピッタリではないでしょうか。
また、その様な方にご入居頂けたら幸いです。
 
学内での制作とは違う視点からプランを考える、貴重な経験となりました。参加させて頂きありがとうございます。

Good!!

+1

38

間を置いて投票して下さい

投票済みです

作品を評価する

作品一覧に戻る

SDMRP

ステューデント・デザイナーによるマンションリフォームプロジェクト

京都造形芸術大学×株式会社長栄×JUST