このページの先頭へ

和洋折衷

奥山 司

Concept
最近のアパートでは、洋室が増えてきましたが、日本人として少しの空間でも和室、畳張りの床を望む人がいるのではないか。
 
また、一人暮らしにおいて、荷物が多くなり、収納が多く必要になることが多くあり、家具などの初期費用もかかるでしょう。
 
これならば、机、椅子、又ベッドとしても利用でき、可動式の畳は高くなっており、引き出しと天開けが可能な収納にもなっております。

Design

既存の納戸を利用して、
使い方によって色々な用途に
対応できる空間を作りました。

模型写真
机、椅子、又ベッドとしても利用可。
可動式の畳は高くなっており、引き出しと天開けが可能な収納にも。
模型写真
模型写真
模型写真

Comment & Review

Designer's comment
小さな一人暮らしの部屋も、住む人にとっては『大好き』が詰まったその人だけの居場所。毎日を忙しく過ごし、家に帰ってきたとき、迎えてくれるのはそのひとの『大好き』なものたちです。
そんな空間をその人だけの”森”に見立て、持ち物や趣味、大切なものが実っていき、帰ること、飾ることが楽しくなる部屋を考えました。

Good!!

+1

49

間を置いて投票して下さい

投票済みです

作品を評価する

作品一覧に戻る

SDMRP

ステューデント・デザイナーによるマンションリフォームプロジェクト

京都造形芸術大学×株式会社長栄×JUST